スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

呼び名、そのバリエーションとむなしさ 

20090228-1.jpg

20090228-2.jpg

20090228-3.jpg

20090228-4.jpg


実に多様なバリエーションです。
原型をとどめていない呼び名も中にはありますが、
どう呼んでも来たい時は来ますよね。




さて、ここで上記の面々に弟がいないのでは、ということに
お気づきのかたもいらっしゃるのではないかと思います。


弟はなぜ除外されているのか。


それは、彼は猫に話しかけないからです。


思えば犬を飼っていた頃も、そうでした。
いつしか無言のコミュニケーションをとるようになり、
猫と暮らし始めてからも10年以上経過しておりますが


いまだに名前で
猫を呼んだことがありません。



なんとも希有な飼い主です。
自分にも他人にも厳しいことで通っている父
(要するにハードなタイプ)ですら
猫に話しかけるというのに。





その理由を本人に聞いてみました。
20090228-5.jpg

20090228-6.jpg



犬を飼っていた頃にさかのぼり、
弟が犬に話しかけなくなったあたりを思い起こすと、
中学生時代かと思われます。
そのあたりに、弟は動物に話しかけることをむなしいと
感じるなにかがあったのでしょうか…





…(回想終わり)



姉は、何一つ思い当たりません。


自分のことで(今も)いっぱいいっぱいです。







呼び名ってありますか?

banner_02-1.jpg

応援どうもありがとうございます!






スポンサーサイト
[ 2009/02/28 23:54 ] 猫の小箱 | TB(0) | CM(8)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。