スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

床下への脱走 

脱走はさせないことに気を配っておりますが、
猫が出入りできる場所の窓を開けたまま
ちょっと目を離した隙に!ということが
冬以外は時たまあるのです…(うかつな飼い主)

そして猫(主にレオン)は脱走ポイントを試し、
「ここのガードは甘い」という箇所があれば
それを記憶しているのです。



というわけで、
20090323-1.jpg

20090323-2.jpg


この栓の呼称は「止水栓」で合ってるんでしょうか?
うちは水場付近の床にあるんですが、
配管の水の流れを止めるためのアレです。
フタ(開けるとモロに床下なのでフタっていうのも違う気が)は
普通とれない仕様になっていると思うのですが、
うちの脱衣所のは壊れてしまってパカパカとれるのです。



そしてフタがとれることを知ってか知らずか、
20090323-3.jpg

20090323-4.jpg



ここから通じている床下部分は外に出られるところがなく、
行動範囲は一応安全なのです(見えないけど)。

レオンの方は床下の探検に夢中で
呼んでも、かつおぶしを用意しても(!)
反応すらしないため、「好きなだけ遊ばせておこう」と
いうことにしています。

ちょっと前までは飽きると鳴いて知らせていましたが、
最近、車庫にあるボイラーの横の、
床下部分と直結している箇所が壊れてしまい、
(どこもかしこも壊れてるなあ)
そこから地上に出ることを覚え、
勝手に遊んで勝手に車庫から出て来るようになりました。

…が、出て来る姿はホコリだらけだし、
もぐる際に床下にフタを落としたりするので
床下へ脱走されるとただただ人が面倒くさいだけです。




普段は「風呂場・脱衣所に猫は入れない」としているのですが、
何かのときにするりと一緒に入って来てしまうんですねー。

ということで、この床下に直結する脱走ポイントに
封印をしました。

(というところで続きます)









たいした封印でもなく、引っ張る話でもないんですが
(まとめきれませんでした…)

banner_02-1.jpg

いつもありがとうございます☆







スポンサーサイト
[ 2009/03/24 00:19 ] 猫の小箱 | TB(0) | CM(3)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。