スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あの子とあの子について 

先日、帰る途中の道で、2匹の猫が道路を横断していました。



小さな橋の真ん中あたりにいたので、
遊んでいるうち橋の上に出て来てしまい、
向こう側へ横断中、といったところだったのかもしれません。


20090610-1.jpg

2匹は兄弟だったのかな…?

子猫というほど小さくもなく、
成猫というほどの大きさでもない、
少年(少女?)くらいの2匹でした。







車を停め、渡りきるのを待つ。







20090610-2.jpg

車のライトが怖いのか、立ちすくんでいる1匹…







20090610-3.jpg

しばし立ち往生したものの、気がついたかのように
先の子を追って渡っていったので安心したのですが、







20090610-4.jpg

標識(「止まれ」)で一時停止した際に
バックミラーから様子を伺うと
橋のあたりでちょこまかと動いているようだったので、
これは後から車が来たら危ない、と思い、







20090610-5.jpg

車から降りて比較的安全な草むらのほうへ追いやりました。







20090610-6.jpg

これで一応は安心…だったかなあ…?










その後家に着くまでのちょっとの間、
レオンとメイのことを考え、
あの子らのことを考え、
たくさんの猫のことを考えました。

20090610-7.jpg

20090610-8.jpg









あの子とあの子について、
今でも考えるとちょっと涙が出ます。












できるだけのことしかできないんだけども

banner_02-1.jpg

いつもありがとうございます










[ 2009/06/10 23:54 ] 猫の小箱 | TB(0) | CM(7)

こんにちは。
初めてコメさせていただきます。
私もあの子とあの子のこと考えて・・・。
涙でました。
どうか元気に幸せに暮らしていきますように・・・。
[ 2009/06/11 12:19 ] [ 編集 ]

捨てないで!

今の季節、幼いノラや捨て猫が多いですね・・・(-_-;)
らんも捨てられ子猫でした。
それもいきなりハンディキャット・・・手間も費用もかなり掛かり今でも不定期の病院通いもありウチの部屋の環境から
しても、もう一匹飼う事は無理・・・無理・・・だった・・・
・・・のに・・・何故か・・・
先月末から450gの子猫が・・・・ウチにいます ^^;
自宅の隣の公園に捨てた人がいたんです~(怒)
これじゃ~ウチの庭に捨てられたのと同じです。
車が通る道路沿いの危険なベンチの下で雨宿りしていた
のでとりあえず保護しました・・・(T_T)←大バカ
「まったく~~~誰がすてたんじゃ~!」

貧乏の子沢山・・・ってウチの事って感じv-40・・・の日々です。
[ 2009/06/11 19:46 ] [ 編集 ]

とても共感します。
[ 2009/06/11 20:21 ] [ 編集 ]

うち猫ちゃんと外猫ちゃん、思いは同じです。
なんとかしてあげたいけど、できないもどかしさが
いつも心にあります。
猫好きなら皆、おもいますよね。
[ 2009/06/11 20:40 ] [ 編集 ]

>めありさん

はじめまして!
こういう場面に直面すると、いろいろ考えずにはいられないですよね…
私も、2匹とも元気であることを祈るばかりです。
優しいコメントをありがとうございました。
嬉しかったです。


>ルン☆さん

ルン☆さん、すばらしいよ~!!
救われたような気持ちになりました!
保護された子猫ちゃん、そのまま家族になりそうなのかな?
とにかく、元気に育ってくれるといいですね。
お金はかかるけど…、買ったりできないものを与えてくれますよね☆

今回の子たちは私も保護しようかと迷った部分がありました。
しかし既にうちにいる子らのことも考えると、やはりいろいろ難しい部分もあり…
こういうのも縁があるのかな、といろいろと考えた際に思いました。
何かの縁でルン☆さんのおうちにやって来た子猫ちゃん、幸せになりますように!


>ラテモさん

責任が持てる範囲での関わり方しかできないと思うし、難しいですよね~…
猫と暮らしているだけに、いろいろと考えちゃうことってありますよね(^-^;)


>だっちゅさん

もどかしいんですよね~!
今は連れて帰れないし、中途半端な関わり方(ごはんだけあげるというような)もできないし、「できること」をものすごく考えてしまいました。
結局のところ特に何かできるわけでもないのに、毎日あの橋を通るたびに姿を探してしまいます(あれきり見てないです)。
外猫に対しての気持ちと、実際の関わり方との間にギャップがあって苦しいです。む~…
[ 2009/06/11 22:04 ] [ 編集 ]

悩みますねっ

i-100 うちのも放任繁殖一家から保護した猫だけど…、捨てられた二匹との運命の違いって、ほとんどわずか…。河原の猫がどうなったか…、ひとごととは思えませんっ
<ののちゃんより>
[ 2009/06/14 18:32 ] [ 編集 ]

>ののちゃん(kitcatさん)

ののちゃん、そんな経緯でkitcatさんのところに来たんですね。
でも、ブログを拝見するたびにkitcatさんがとてもののちゃんを愛していらっしゃるのが伝わって来て、今ののちゃんが幸せで本当によかった!と思います。

あの2匹は、いつも通勤時に注意して橋のあたりを見ているのですが、その後見かけず…です。
2匹とも元気だといいのですが…ふがいなくも、祈るばかりです。
[ 2009/06/14 21:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ctb10.blog57.fc2.com/tb.php/110-bfb82af4








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。