スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

それぞれのジャイアニズム 

20090318-1.jpg

20090318-2.jpg

20090318-3.jpg



ごはんの際、時々悪いレオンが出ます。
(マンガでは私ですが、気づいた家族がメイのガードマン)






20090318-4.jpg

20090318-5.jpg

20090318-6.jpg



くつろいでいる際、時々悪いメイが出ます。
(マンガでは私ですが、気づいた家族がレオンの輸送車)






ごはんとテリトリー、どちらも猫にとって大切なもの。
ごはんではレオンが、テリトリーではメイが、
それぞれジャイアニズムを発揮し、
猫社会における力関係は妙に互角というか…
(どっちも不可欠だからバランスはとれてないですね)

はしゃいでケンカになることがありますが、
ごはん・テリトリーでケンカになったことはあまりないです。
どっちかで譲り合ってるように見えます。

ガードマンだの輸送車だの、
人間の感情をさしはさんで役割を担っておりますが
猫社会ではどうでもいいことなのかなあ。







「みんな仲良く」はヒト側の都合かしらん

banner_02-1.jpg

いつもありがとうございます☆








[ 2009/03/19 00:31 ] 猫の小箱 | TB(0) | CM(6)

どちらも猫社会では譲れないとこですが
やっぱり家猫ちゃんは
少しは温厚さがでるのかなぁ~
うんうん、人間の都合だとおもいますよ(^^)
だっちゅはうち8にゃんの猫社会のことは
できるだけ、ほってます。
ケンカもとめませーん(^0^)
ケンカといっても、追いかけっこですから
決して、血みどろじゃありませんよ。
「しゅん」と抱っこされたレオンちゃんのイラスト
かわいいー(^^)
[ 2009/03/19 13:22 ] [ 編集 ]

>だっちゅさん

家猫ちゃんだと温厚さが出ちゃうの、そのとおりかも。
ケンカもどこか間が抜けていて、
うちも流血沙汰とかにはなったことはないですね~。
レオンなぞ、遊びの延長のように思っていそうです。
(メイは本気出しても負け戦です)

だっちゅさんの8にゃんのライフスタイルを見てみたい、
と、常々思っております(笑)
にぎやかそうで、見ていて飽きないでしょうね☆
[ 2009/03/19 23:14 ] [ 編集 ]

>雪かのこさんへ

こんばんは。
さすがプロ、絵がうまいなぁと思いました。
アメショーのガラ、上手。。。
ジャイアニズムという表現もぴったりで笑ってしまいました。でも、レオンくんとメイちゃんの関係はわりと理想的じゃないかなーと思いました。
譲り合いがあるんですもん(^^)。
実は高校生の時、うちでメイちゃんという白ネコを飼っていました。同じ名前だったので親近感(^^)。
メッセージありがとうございました。とても嬉しかったです。
[ 2009/03/21 22:04 ] [ 編集 ]

>ノラドラさん

わあ、コメントをありがとうございます!

普段仕事ではそんなに絵を描く機会は多くないので、それならこのブログで猫のはなしを描こうと思った次第でして…
そんなわけで、そんな風に言っていただけるなんてほんとに嬉しいです。
(でもレオンは曖昧な柄のアメショーなので、絵にしたときも曖昧にしてるのですよ!すみません!)

ごはんとテリトリー、譲り合って暮らしていますが、きっと人と暮らしているからこそできることなんでしょうね。
外の猫社会では…うちの子ら、生きて行けんですよ(笑)
そしてレオンの方は明らかに食べ過ぎです…

ノラドラさんのおうちにも「メイちゃん」がいたんですね~!
白ネコメイちゃん、想像するだに儚げでかわいい印象です。
私も共通項があって嬉しいです☆

ところで、ノラドラさんとこを伺ったらリンクが!
こちらこそ嬉しかったです、ありがとうございました!
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[ 2009/03/22 10:16 ] [ 編集 ]

うん。うん。わかります!
家も二匹飼っているので、喧嘩の仲裁をしたりすることも多いです。 でも、結局最終的には二匹でぴったりくっついて寝ているのをみたりすると、仲裁をするのがあほらしくなります。 

「デクスター」楽しんでいただいたようでうれしいです♪
[ 2009/03/22 11:07 ] [ 編集 ]

>Kazさん

仲裁するのがあほらしくなってしまうの、
時々ありますよね(笑)
こう見えてレオンが高齢猫なので、食べ過ぎと心地よい居場所には気を使っているのですが…いらぬ心配なのかな?

「デクスター」はたいそう面白かったです。ありがとうございました!
これは1冊で1つの事件、としつつも冊数を追うごとに主要人物の過去とかが明らかになっていくのかな~と思って、続きが気になっています。
[ 2009/03/22 23:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ctb10.blog57.fc2.com/tb.php/75-e4a49818








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。