スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

グーグーの威力 

先日、私は映画「グーグーだって猫である」の
DVDを部屋でひとり、鑑賞しました。

タイトルにもあるグーグーは
アメリカンショートヘアという猫で、
うちの王子であるレオンもアメショで同じ種類です。

レオンのちっちゃい頃を思い出したりして☆
なーんて考えつつ、きっとグーグーのかわいさに
私の理性とか何かが崩壊するに違いない、と思っていたら


20090428-1.jpg


な、なんていうか思いがけず…
冒頭から最後まで、
ほぼ全編にわたって泣き通しでした…

途中から完全に感情移入し、
自分家の猫を当てはめて観入ってしまったようです。

本編が終わってからも感情がおさまらず、


20090428-2.jpg

20090428-3.jpg

※この時期、レオンの寝所はこたつです
(メイは母と寝ているので見つけられずでした)





20090428-4.jpg

20090428-5.jpg





そして、朝起きたら目が、目がああ!
(ラピュタのムスカ状態で)





20090428-6.jpg


仕方なくそのまま出社しました。
なんで平日の夜に観てしまったのか。





ワタクシ、近年はうっかりロードショーで
トトロなぞ見かけようものなら
すこぶる号泣、というレベルに
涙もろくなっておるのですが、

そんな涙もろさレベル+いっそ気持ちいいくらいの感情移入

という加算により、
まぶたがくっつきそうなほど腫れあがるという結末になりました。
なんですか、
あのゆるさとコミカルさの中にある涙腺刺激ツボは…

とにかく、ペットを愛して一緒に暮らしていらっしゃるかたなら
観終わってからいっそう自分のうちの子が愛おしくなること
請け合いです。

グーグーもとってもとってもかわいかったです☆



ところで、

レオン、グーグーと同じ種類のはずなんだけど、
どう見ても足が短いですな…

(また「うちのアメショはほんとにアメショなのか疑惑」が
もやもやと脳内に拡散しつつあります…)











結局、うちの子ってだけで一番かわいいですよね☆

banner_02-1.jpg

いつもありがとうございます








[ 2009/04/29 00:32 ] 日々の小箱 | TB(0) | CM(2)

雪かのこさん、優しい。

わかるー。
やっぱり優しいですねー。
ノラ家の女たちも「泣き女」と言われるほど、感情移入しやすくて、テレビや映画で涙腺が決壊しやすいです。
そして、ちょっとでも、泣こうものなら、
次の日は腫れあがった雪かのこさんの目と同じ状態になります。うちはこれを「麦の目」と呼んでいます。
泣いても次の日顔が変わらない人がいるのに、どうしてあんなに腫れるのか。
平日の夜に見たのは失敗でしたねー。
会社のみんなに心配されませんでしたか?
「グーグーだって猫である」、よさそうですね。
観ようかしら。。。観るなら、このGWが狙い目ですね。
[ 2009/04/29 18:26 ] [ 編集 ]

>ノラドラさん

わー、ノラドラさんも!(お母様とお姉様も!・笑)
(「泣き女」ってたしか泣くのを職業とする女性のことですよね?わ、私、就職できそうですよ!)

テレビや映画で、「あ、これは泣きそう」と思ったものは避けたりしてることもあるのですが、「グーグー~」はまったく予想外だったというか…
いろんなかたのレビューを読んでみたのですが、私のように泣き通しだったかたはあまりいらっしゃらないようで、私、どんだけ入り込んで観てたのか…といささか恥ずかしい思いでございます。
レオンは私にとって初めて一緒に暮らしている猫で、ちょっと特別な思いがあり、なくてはならない存在なのです。
もちろんメイもそういう意味では同じなんだけど、メイは妹か子どもみたいな感じ(守らなきゃという関係)なのに対して、レオンは恋人か親友(対等な関係)のように思っているのです。
そんなわけで、「グーグー~」に登場する猫たちにいちいち自分の家の子を重ねて観てましたら、翌日は「麦の目」状態に(笑)
(「麦の目」、言い得て妙ですね!私も使わせていただきます)

GW、もしよろしければノラドラさんもご覧になってみてはいかがでしょうか?
実際の大島弓子先生のマンガも読みたくなりますし、俳優さんのファッションもかわいくて(オサレです)、食べ物もおいしそうで、吉祥寺に遊びにいきたくなりましたよ!
[ 2009/04/29 22:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ctb10.blog57.fc2.com/tb.php/93-feb2f634








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。